Archive for the ‘バイク倉庫の種類’ Category

デイトナモーターサイクルガレージ ベーシック

愛車を盗難やいたずらから守る鋼管シャッター

愛車を盗難やいたずらから強力に守りたいなら、やはり鋼管タイプのシャッターがいいという人におすすめなのが、デイトナガレージです。
シャッター錠2カ所およびシャッターガード付きなので、強力に犯罪から守ってくれる頼もしい存在です。
これらは後付け可能なので、メーカーに相談してみましょう。

妻の張り出しがないボックス型なので、土地にあまり余裕がない状況でも設置できます。
短時間設置で余計な土間工事不要なので、お得です。

棚は標準装備なので、バイクのメンテナンスに不可欠なアイテムを様々置けます。
床保護にゴムマット敷きおよびスタンドプレートも標準装備です。
大型バイクが2台収納できるので、たとえば家族分の自転車収納にも便利に使えます。

カスタマイズフリータイプのバイクロッジは、75mm大の骨格にガルバリウム鋼版外壁、軽めシャッターを採用しています。
外壁カラーのラインナップも4タイプなので、住宅事情に応じての選択が可能です。

スタンダードタイプの特徴

外壁に高品質なウレタン塗装を塗り重ね、および外部ボトルへのキャップで錆抑制対策を徹底しています。
外部ボトル・キャップはいたずら防止にもなります。
より耐久性のある鉄板を下地に採用しているので、長期利用したいユーザー向けです。

梅雨シーズンによく起こる問題として、シャッターを開けた瞬間に生じる雨の飛散ですが、カバーを装着する事で対応しています。
標準装備されている大型棚は、奥行きが450mmあるので、ヘルメットはもちろんメンテナンス用グッズも、余裕で置けるスペースです。
シャッター錠はディンプルタイプで、ラウンドロックやシャッターガードもがっちり設置しています。

ラウンドロックは後日注文での設置が可能なので、メーカーに問い合わせてみましょう。
ラウンドロックはオプション品ですが、あれば安全面が強化されるので、おすすめです。
錆止め塗装されているので、長く美しいままの状態を維持できます。

スタンダードはオプションも豊富

夜間作業が多い人向けに明り取り、通気パネル、ガラス窓、通気口付きパネルといったパーツを初期に依頼できます。
棚に引き出し設置、電源ボックスなども設置可能です。
自社オリジナルのスロープも別途注文できるので、愛車の出し入れに1個装備しておくと良いでしょう。
フックも設置可能なので、状況に合わせて追加してみてください。

サイズも豊富

標準は間口サイズが1790mmxh2370mm 奥行が3050mm、シャッターだけの寸法が1584mmのすっきりタイプです。
敷地面積が3.6㎡から8㎡まで多彩にあります。
敷地面積に応じて棚も1枚から4枚まで増やせるので、状況に追うじて様々なタイプを選択できるのはうれしいポイントです。