Archive for the ‘バイク倉庫の種類’ Category

ドッペルギャンガー ストレージバイクシェルター2

手間暇かけずに愛車を守るドッペルギャンガー ストレージバイクシェルター2

ドッペルギャンガーの ストレージバイクシェルター2は、ガレージとカバーのいいとこどりをした、簡易ガレージです。
通常カバーをかけるのに南十分もかかる事が多々ありますが、 ストレージバイクシェルター2ならわずか10秒で済みます。
外見が一切見えない事で、盗難予防や雨風から愛車を守ることができる事に加えて、紫外線対策も兼ねるという3役をこなす事になるのです。

愛車本体に一切ふれないので塗装面を保護できます。
まとまったガレージを今すぎ準備できないライダーたちにうれしい製品です。
サイズイメージとしては、Mサイズは小型スクーターやネイキッドバイク、もしくは自転車2台分かロードバイク向けで、Lサイズは大型バイク向けになります。
カラーはカーキ色かブラックの2色のみでバリエーションです。

ドッペルギャンガー ストレージバイクシェルター2はここがすばらしい

かがまないで開閉できるハンドルが左右中央の3カ所についているので腰に負担がかかりません。
上部から全面にかけて続くグレートンが、ツートンカラーでおしゃれです。
鮮やかなオレンジ色のパイプは、特に夜間に内部構造が分かりやすい工夫をされています。

通気性を兼ねたメッシュ窓がついているので、蒸れません。
生地に裏表が600DのPU加工なので、防水性や劣化緩和にすぐれています。
閉じた時でも完全に地面につかずに、少し隙間を作る事で、より強固に蒸れにくいです。

シェルター内部にバイクで固定できるためのアンダープレートを装備しています。
強風対策ようにペグも装備されているので、ハンマーで
固い地面に打ち付けてシェルターを固定する事も可能です。
屋根付きバイクや3点パニアなど特殊バイクも、楽に収納できる余裕設計になっています。

上手な組み立て方

ポールはナットとボルトを中心に組み立てていく形式なので、標準的に2人でプラスドライバーを使って、およそ1時間の作業になります。
カバーはシェルター内部から天面ファスナで固定するのは、簡単にはパイプからはがれない工夫の表れです。
シェルター底面でカバー前面のスリープを通すので、よりしっかりとパイプに固定されます。
取り扱い説明書を熟読して、説明通りに組み立ててください。

主要スペック

外付け完成サイズはw137cm×奥行355cm×h196cmの天高です。
総重量28kgなので、よほどの強風でない限りは、ポールが飛ぶ事はありませんし、ペグで固定もするので転倒も心配も緩和されます。
パイプ直径が握りやすい22mmです。

天井にメッシュ加工された換気窓付きなので、走行直後に収納しても蒸れにくく、底面からの空気の抜け道にもなっています。
1040.5mmの位置3カ所にカバを下ろすためのハンドルがついているので、開閉作業手間が楽です。